公務員 給料 公務員の給料を大公開

公務員の給料って気になりますよね。


公務員の給料は、この不況の時代においても安定しています。


公務員の高給料や安定性に惹かれ、
試験を受けたいと思う人が増えています。


実力成果主義の一般企業より
はるかに雇用の安定があり、
年功による昇給も見込まれ、
生涯賃金も民間企業より高いからです。


公務員の給料について色々と調べた結果をお知らせしたいと思います。


スポンサード リンク

公務員試験

公務員になるための試験ですが、
国家公務員、地方公務員があります。


地方公務員には、
大学卒程度の地方上級、短大卒程度の地方中級、
高校卒程度の地方初級に分けられ、
地方上級は国家公務員の2種に相当します。


国家公務員は、大学〜大学院卒程度の1種、
大学卒程度の2種、高校卒程度の3種に分類されています。


公務員の職種によって給料は違ってくる、
その第一関門の試験は、一次試験から三次試験まであり、
年齢制限は殆どが29歳未満となっています。


しかし職種によって、39歳未満や50歳未満もあります。
民間企業からの転職組も後を絶ちません。


その50歳未満の情報を調べてみたところ、
独立行政法人総合職中途、国家特許審査官補、
国家看護系技官、独立行政法人助教授などがあります。


どんな仕事なのか見当もつきませんが、
スキルのいる仕事であるのは間違いないようですね。


いわゆる高級官僚、キャリアと呼ばれるのが
国家公務員1種を勝ち取った方々となります。


将来地位や名誉を賛美されよう、
待遇、給料は言うまでもありませんが
試験に至っては、難関中の難関です。


例を挙げると、警察などは20代で警視となる。
縦社会の最たるところでこの階級は重い。
指揮官クラスである。


現場を知らない20代の警視と
ノンキャリアの軋轢はよく聞きますね。


このようなキャリアの公務員を
待遇や給料の良さで判断、志願しても
国家1種の試験は最高学府を以てしても
落ちる方は落ちます。


それ程難しいようです。


スポンサード リンク