公務員の平均年収

公務員の給料を調べていました。
公務員の中にも色んな職種があり
公務員の給料もまちまちですが、
公務員全体の平均年収についてお話します。


国の為に働いているとも言われている(?)、
国家公務員の平均年収どれくらいでしょうか?
少し前のデータですが、2005年度のデータでは、
628万円だといわれています。


そして地方公務員の平均年収は、
意外なことに国家公務員よりも多いのが実態です。


その額、707万円だそうです。


地方公務員の給与は、
各自治体によって水準が異なります。


他の自治体や民間企業の給与水準を考慮して
定められることになっているのです。


2005年度の国税庁の調査では、
サラリーマンの平均年収は436万円であると発表されています。


この数字を考えると、
給与水準を考慮しているという割には、
かなりの高水準だと言えますよね。


地方公務員の平均年収、
道府県別ではどうなのでしょうか?


最高額は、愛知県の平均年収は825万円でうす。
それに続いて… 東京都は822万円。
神奈川県は818万。
大阪府は800万円。
そして、最下位は鳥取県の669万円になります。


全国で一番平均収入が低い県でも、
国家公務員の平均よりも多い訳ですね。
なんとも納得しがたい給与割り当てですね。


平均年収によって情報の得方も違うようです。


スポンサード リンク