警察官の給料

公務員の給料を調べていました。
公務員の中にも色んな職種があり
警察官の給料についてお話したいと思います。


一般的に学歴の高い人は
高給取りといえるケースは多いですが、
警察官もその例外ではありません。


警察庁の警察官は国家公務員、
都道府県の警察官は地方公務員扱いとなるため、
その給料の中身も必然的に異なってくるのです。


判りやすくテレビドラマのキャストに例えるなら、
「踊る大走査線」の青島巡査部長(織田裕二)は
ノンキャリアの地方公務員警察官で、
室井警視正(柳葉敏郎)や真下警視(ユースケ・サンタマリア)は、
キャリア組の国家公務員警察官なのです。


国家公務員はT種U種採用があり、
採用には大学卒は絶対で、
いわゆる「キャリア・準キャリア組」と呼ばれたりするのは
こちらの警察官です。


採用試験合格後、
警察大学校へいったのちに
警察庁での採用となります。


T種採用者はキャリアとして扱われるため
初任から警部補の階級とされ、
U種採用者でも準キャリアとして
巡査部長の階級を初任とされます。


一方地方公務員の警察官は
高卒・大卒は問われません。


採用試験後は警察学校へ入校して
基礎研修等を受けます。


その後、東京都の警察である「警視庁」、
または各都道府県の「都道府県警察」にて勤務する事となり、
本人の希望及び適正によって配属が決定されます。


階級も初任は巡査より始まり、
交番勤務からスタートするケースが
多いとされています。


ちなみに地方公務員警察官の初任給は、
警察学校入校時で大卒ならおよそ24万円、
短大卒で22万円、高卒では20万円くらいで、
やはり学歴によって格差はあります。




スポンサード リンク