サラリーマンの平均年収



少し古いデータになりますが、2005年度で
日本には、約4500万人のサラリーマンがいます。


今回は、給与所得者・女性も
「サラリーマン」に含めさせていただきます。


国税庁のデータでは、
サラリーマンの平均年収は436万円とでています。


現在、景気が良くなってきたと言われる方もいますね。
しかし、それはごく一部の人たちだと思われます。


何故そう言えるかというと、
サラリーマンの平均年収は
1997年から一貫して減りつづけているからです。


8年連続のマイナスとなっているんですよ?
ちなみに97年のサラリーマンの平均年収は
467万円でした。


景気回復だの政府や日銀は言ってますが、
一般庶民の生活は一向に良くなっていませんよね。
そのことがこの数値からも良く分かると思います。


しかし上場企業に限っての話ですが…
2005年度は、前年比15万円増の
657万円という平均値だったそうです。


つまり全体平均の1.4倍も
給料が良かったということになりますね。


やはり株式上場しているような大会社は、
相応して給料も高額だといえます。


また学歴別の平均年収の差も顕著ですね。


中卒男性の平均は438万円です。
大卒男性の平均は672万円です。


学歴の差で、約1.5倍もの格差が付くのです。


結局「勝ち組と負け組」と呼ばれるように、
貧富の差は年々拡大してきています。


スポンサード リンク